脂肪が生まれるまで

大人になってくると横に広いメタボ体型の人が増えてきますが、特に会社のお付き合いで外食や飲む機会が多い人はしっかり運動をしてないと中性脂肪が蓄積されやすい状態になり生活習慣病の原因になることがあります。

見た目に出てくるのは中性脂肪が皮下や内臓にたくさん蓄積されるからですが、肉類や揚げ物など脂質が多い食事をすると脂肪がたくさん作られやすいというイメージがあるようにこれらの食品は中性脂肪の生成を促すと言われています。

また、甘い物が好きな人も太りやすいと言われているように脂肪との関係性が深くありますが、甘さを演出しているのは糖質によるもので糖質が体内の中で合成されることによって脂肪に変換されます。

脂質がどのように中性脂肪へと変換されるのかについては小腸の消化液やすい臓の働きによって脂肪酸やグリセロールなどに分解されて、この働きによって吸収効率が高い形に調整されるというのが特徴になっています。

これらの分解された成分がそれぞれ合致することによって脂肪になりますが、血液との相性がよいカイロミクロンの作用とも関係してくる部分になります。

あと、ダイエットも大事だけど同時に生活習慣で見直しできるところは、したほうが良いみたいね。自分の場合は、水素水 効果があるって事なんで、生成器買ったりして、注目もしているよ。

中性脂肪が蓄積されると通常であれば人間の生命活動によって消費されるのですが、それ以上に蓄積されると太る一方になります。

また、あまり食べなくても代謝の異常などによって太ってしまうパターンなどもあるので状態の改善については人によって異なるという点についても気をつける必要があります。

ページのトップへ戻る